logo
Home

2046 映画 公開

()の映画情報。評価レビュー 248件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:トニー・レオン 他。 『欲望の翼』『花様年華』のウォン・カーウァイ監督が描く近未来のラブストーリー。. 日本で「」が公開されるのは今年の秋頃。 どうか「木村拓哉ファンの感想」=「『』」や王家衛監督の評価」に繋がりませんように. タク:木村拓哉 5. 『』 映画・テレビ | 王家衛. <予告編、映画と木村くんの役どころについて説明ナレーション> 記者) 中国で先駆けて公開され、日本で公開される前にヨーロッパにも行かれていたと. 作曲家ペール・ラーベンの協力を得て、作品に流れる音楽が女優ごとにはめ込まれています。 コン・リーには登場場面でブルースを挿入し、チャン・ツィイーには1960年代のダンス・ミュージック、コニー・フランシス(Connie Francis)の「シボネー」が用意されました。 また、クラシック・オペラとシークレット・ガーデン(Secret Garden)の「アダージョ」の2曲は、あの幼気でか細い肩が印象的なフェイ・ウォンに向けられています。. 「年」の意味 ウォン・カーウァイ監督の映画作品に、『』(年公開)という、年という未来が舞台のラブストーリーがあります。. 映画 寄生性獣 () 監督:チン・マンケイキャスト:吉沢明歩.

SMAPメイン(中居くん寄り)で、嵐・KinKi・V6のことなどもガンガン語っちょります♪v(  ̄ v)(v ̄ )v. 『』は年の香港映画。『』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを. 年度ヨーロッパ映画祭インターナショナル(非ヨーロッパ)映画賞受賞。.

特徴の3点目は、絶妙に配置された音と音楽も含め、広い意味での映像美です。 キャスト撮影の角度、照射時間、いくつかの背景の配色などがやや官能的になっていて、普段は見過ごしやすい室内の壁や机の上、時間と記憶が刻み込まれた古い石壁、降りしきる雨に濡れた街灯などがクローズアップされます。 部屋の隅に無造作に投げ出された上着、下着、ガーター用ストッキング、壁、机、街灯などの一つ一つのものが固有の匂いを放って映し出されています。このような映像美は、一見フェティシズム的なもののようにみえますが、拡大された部分的なものに物語を注ぎ込む『2046』のスタンスは、有機的なものから部分的なものを切り取るフェティシズムと丁度逆の立場にあると観るべきです。. ; タイトル表記. 特徴の1つ目は前作との対照性です。 「2046」は「花様年華」同様、1960年代後半の香港を舞台にし、クローズアップの手法と音の配置によって官能の気配を存分に出した作品です。特に雨の視覚的効果と聴覚的効果は、嗅覚を刺激します。しかし、CGが多用されているので近未来的な印象は過去と現状に束縛される「花様年華」と大きく違う点です。 先にも触れましたが、「2046」は「花様年華」の続編ではありません。 ウォン・カーウァイはインタビューで次のように答えています。 出典“Making of 「」” (c) Block2Pictures.

ミスター・ワン/車掌:ワン・シェン 11. という映画は面白いですか?点数をつけるとしたら何点ぐらいですか? という映画は面白いですか?点数をつけるとしたら何点ぐらいですか? 10点ぐらい・・・・・でしょうか。私は予告編見て「お?」と興味を引かれたクチでしたので、SFというか、そんな感じのものを期待していたん. 映画スターのニュースやインタビューなどオリジナルの情報が豊富な映画サイト。. 特集 「」:チャン・チェン インタビュー.

ワン・ジェウェン:ドン・ジェ 10. Tracked on Sunday, Febru 09:25 AM. ルル/ミミ:カリーナ・ラウ(塩田朋子) 7. バード:トンチャイ・マッキンタイア(“バード”) 9. スー・リーチェン:コン・リー(五十嵐麗) 6. 映画「」を無料で視聴するには、tsutaya tv/tsutaya discasへ新規ご登録。動画見放題&定額レンタル8プラン(月額2,417円 税抜)への加入が必要です。 画像出典:tsutaya. (映画) (映画)の概要 ナビゲーションに移動検索に移動タイトル表記繁体字 簡体字 英題各種情報監督ウォン・カーウァイ脚本ウォン・カーウァイ製作ウォン・カーウァイ出演者トニー・レオン木村拓哉チャ. 秘密裏に5年の歳月をかけ完成したといわれる「2046」。当然ですが、クランクイン当初から撮影に臨んだトニー・レオンは完成時点で5年の歳を重ね、やや顔つきも変化しました。 この年月の経過をウォン・カーウァイ自身は映画の成長に準えて肯定的に自己評価しています。キャストと作品のいずれもが、5年という歳月を孕むことで完成度を高めたというわけです。また、新人の部類に入るチャン・ツーイーを起用したことも話題になりましたが、彼女の撮影期間は約1年。 撮影中は作品が一体どのようなものになるのかサッパリ分からなかったそうですが、完成品を観た後に自分の映像がふんだんに使われているだけでなく、自分では考えられなかったような出来映えに編集されていて非常に満足していると語っています。 出典“Making of 「」” (c) Block2Pictures.

特集 「」:カリーナ・ラウ インタビュー. この映画でウォン・カーウァイ監督は、彼の艶やかな想像力と最新技術のCGショットを組合わせました。そして時間と空間の限界を超えて、夢のようでロマンチックな過去と未来が合わさった世界を創造しました。 ただし、「恋する惑星」や「楽園の瑕」を知る人たちからみれば「花様年華」「2046」のタイプは豪華さを目指した点で失敗していると言われます。 「2046」は約5年間にわたり、タイ、中国、マカオ、香港の様々な場所で撮影されました。映画への投資家は、日本、香港、中国、フランス、イタリアから集まりました。 映画で使われたCGショットは、フランスの会社BUFがウォン監督とともに創作・制作しました。BUFはマトリックス2とマトリックス3、アレクサンダー・ザ・グレイト、ザ・ファイト・クラブのCGを製作した会社で、「2046」は初めてのアジアでの仕事でした。映画の最後で使われたレンタリングの製作では、BUFから数百名の専門技術者やアーティストが参加しました。. 感想・レビュー投稿. 2046 映画 公開 「2046」では「花様年華」ほどではありませんが、チャン・ツーイーが旗袍をたくさん見せてくれました。 「花様年華」と同じ種類の旗袍です。 2046 映画 公開 時代も場所もデザイナーも両作品は同じなので当然ですが。立領が高く、タイトどころかかなりボディ・コンシャス。丈は膝でスリットはそれほど深くありません。 やっぱり旗袍とハイヒールはキツかったそうです。 映画の冒頭ではチャウ・モウワンが飲み屋で女性たちとダラダラ耽っている場面が出てきます。後の映画「グランドマスター」ほどではありませんが、たくさんのエキストラ女性も旗袍を着ています。 映画を見て度肝を抜かれたのが、このトランスペアレント(シースルー)の旗袍。 つい、1960年代にこういう薄手の生地が作れたのか、また、裁縫ができたのかを疑ってしまうのですが、この時代に一つの流行としてトランスペアレントが登場したことを思い出します。また、当時のストッキングはパンティ・ストッキングが開発された前後で、ガーター・ストッキングと併存していました。 パイ・リン演じるチャン・ツーイーが引越し直後にチャウ(トニー・レオン)からストッキングをプレゼントされてとても喜んでいました。二人は知りあって間もなく喧嘩しているのに、この喜びよう。今と違ってストッキングが貴重だったことがわかります。. 年度ヨーロッパ映画祭インターナショナル(非ヨーロッパ)映画.

の映画レビューを投稿する 回顧的作品 (投稿日:年9月30日) まさか、ウォン・カーウァイの映画をシネコンで観る日が来るなんて思いもしなかったなぁ。 年11月下旬号: hot shots:「」 年11月上旬特別号: 特集 「」:グラビア. バイ・リン:チャン・ツィイー(魏涼子) 3. 映画「」はtsutaya discasのdvd宅配サービスで無料視聴が可能です。. 。反応は如何だったんでしょうか。. 特集 「」:木村拓哉 インタビュー. の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。「花様年華」「恋する惑星」のウォン・カーウァイ監督が. チャウ・モウワン:トニー・レオン(小杉十郎太) 2.

「」「静」の魅力を引き出された木村拓哉の美しさ 出演シーンがカンヌ上映版から大幅に増えた劇場公開版がベールを脱いでも、やはり日本での話題の中心は木村拓哉になってしまう宿命の「」。. » 30歳独身男Kazuakiの映画日記 「ハウルをどうこう言う前に、こっちのキムタクのほうがヤバいでしょ。こんなにも眠かった作品もめずらしい。」 今日3本目は「」を観てきました。公開直後に観た. ただ、映画自体の出来としては、個人的には☆5つとは言えません。 映画の中の「」のcg的表現と現実世界のバランスや、 日本人にとって、木村拓哉は親近感のある人で、の中の彼に違和感を覚える感じもあります。. 。 前者に固執する人もいれば、捨て去る人もいます。後者に未来を見る人もいれば、失望する人もいます。これを恋愛にたとえた作品だと「2046」を位置づけることができます。この映画にはウォン監督らしい葛藤が見られます。. (映画)とは?.

『』が明日公開で、ワイドショーではもっぱらキムタクばっかり。これはキムタク主演かとまちがうような扱いですが、ほんとの主演はトニー・レオン。私は彼のことを「もっともブリーフの似合う男」と思ってます。『』と同じくウォン・カーウァイ監督の作品、『恋する惑星』(1994)は. 23 ストロボ戦士. 2046 映画スターのニュースやインタビューなどオリジナルの情報が豊富な映画サイト。新作映画情報や作品レビュー、試写会. 年の日本公開映画(ねんのにほんこうかいえいが)では、年(平成16年)1月1日から同年12月31日までに日本で商業公開された映画の一覧を記載。作品名の右の丸括弧内は製作国を示す。 記載の凡例については年度別日本公開映画凡例を参照.

2つ目の特徴は複合的な作品という点です。 冒頭の劇中劇が終わると唐突に出てくる言葉「すべての記憶は涙で濡れている」が示すように、この作品は周慕雲という作家が過去に恋した蘇麗珍という女性を忘れることができないまま、新たに出会った数名の女性から愛と時間と記憶の問題を学び取っていく物語です。 問題の答は、4名の女性との関係だけでなく、劇中劇の近未来小説『』でも展開されています。その複合的な映画展開がこの作品の一つの特徴です。. ()のリンクは日本語吹き替え版。 1. 『』 年 香港監督・脚本 2046 映画 公開 2046 ウォン・カーウァイ 出演 トニー・レオン 、木村拓哉 コン・リー フェイ・ウォン チャン・ツィイー1967年の香港。. 公開: 年9月29日. 2046 映画 公開 映画と音楽な私) ~失われた愛が見つけられるという しかしだれもそこから帰ってきたことはない~ んー,どうなんでしょう? 正直なところ「あんまし」でした(-_-; 「味」という意味ではどうなのか分からないところなのですけど, トニーも.

「2046」は年に公開されたウォン・カーウァイ(王家衛)監督の映画で、官能的な映像美と現実感覚を呼び覚ます音とが共鳴する長編ラブ・ロマンスです。 一部は前作「花様年華」を引き継いでいます。原作は、短編を得意とする香港の小説家ラウ・イーチョン(劉以鬯)の『酒徒』。 ゆったりした場面展開と中華圏映画のトップスターたちによる重層化された恋物語のなかで、時間・愛・記憶の関係が繰り返し問われる哲学的にも重要な作品です。前作の「花様年華」と比較されることが多く、簡単に衣食住で比べますと、衣食を楽しめるのが「花様年華」、食住を楽しめるのが「2046」です。. 映画「」は、「欲望の翼」の待ちに待った続編ですか?トニーといい、カリーナといい、挿入曲といい 映画「」は、「欲望の翼」の待ちに待った続編ですか?トニーといい、カリーナといい、挿入曲といい・・・。DVDを見て、なんか感動して涙しましたが、考えすぎですか? 2046 映画 公開 いや、考え. 『欲望の翼』、『花様年華』に次ぐウォン・カーウァイの1960年代シリーズの3作目。また、この作品は『花様年華』の続編であり、一部『欲望の翼』の続編でもある。『花様年華』とほぼ同時期に撮影が開始されたが、予定通りに進まないカーウァイ監督のスタイルにキャストのスケジュール調整が難航、それにSARSによる渡航制限やレスリー・チャンの自殺などを受けて、完成までに5年の歳月が費やされた。脚本が流動的で知られるカーウァイは、レスリーへのオマージュと『欲望の翼』のエピソードを予定以上にちりばめることに決定した。 劇中の現実世界の主人公をトニー・レオン、劇中劇の主人公を木村拓哉が演じている。この物語の主軸となる2人の男性と1人の女性フェイ・ウォンの周囲をとりまくのが、トニーとの恋に溺れる娼婦チャン・ツィイー、トニーと愛を交わしながらも別れを選ぶ賭博師コン・リー、死んだ婚約者との思い出に生きる踊り子カリーナ・ラウなどである。役名や設定はかなりの割合で『欲望の翼』『花様年華』からそのまま流用されている。 第24回香港電影金像奨最優秀主演男優賞(トニー・レオン)・最優秀主演女優賞(チャン・ツィイー)受賞。ニューヨーク映画批評家協会賞・最優秀外国語映画賞受賞。年度ヨーロッパ映画祭インターナショナル(非ヨーロッパ)映画賞受賞。年度カンヌ国際映画祭・コンペティション部門出品作品。文春きいちご賞年度第8位。日本国内興行収入約7億8000万円。. ウォン・カーウァイ監督の映画には全て脚本がないといわれますが、脚本家出身の彼が脚本自体を無視するとは考えにくいです。実際、彼はすべての作品で脚本を用意していると明言していますし、撮影の中でペース・メーカーとして利用しているとも語っています。 ただ、ウォン監督は撮影期間が伸びがちで、キャストやスタッフの諸事情が目まぐるしく変わったり、予想以上の展開を思いついたりするので、脚本を逸脱することが多いというのが内情。「2046」の出演者の中で、脚本の逸脱という点で最も自分の演技に忠実であり得たのは、撮影中以外は一切練習をせず全てアドリブで対応したというフェイ・ウォンでしょう。. 「花様年華」「ブエノスアイレス」の巨匠ウォン・カーウァイ監督が、トニー・レオンや木村拓哉らアジアを代表するトップ・スターたちを結集し手掛けた壮大なSFラブ・ストーリー。過去に囚われた一人の小説家が近未来を舞台にした物語を執筆、次第に小説家の現在と物語の中の未来が時空. 時期は1966年、香港へ戻ってきた周慕雲(チョウ・モウ・ワン)は、多くの女性たちとの恋愛をごまかしてきた自分の過去と向かい始めます。しかし、多くの失われた思い出に埋もれて、彼の心は冷たくなっていて、誰の言葉も彼には届きませんでした。 彼は安いエロ小説を書くことで生計を立て直しました。小説に人気が出始めるとアパート「」に引っ越しました。すぐに彼は『2046』と仮称した小説を書き始めます。その話では、行きの列車に乗る者は誰でも失われた思い出を取り戻すチャンスがありました。 ただし、≪誰もそれが真実かは知りはしない、だって誰も2046から戻ってこないから≫という前提が付けられました。 王家衛の前作「花様年華」で隣人となった既婚男女(周慕雲と蘇麗珍)が会話を重ねていくうちに仲が深まっていきますが、最後は悲恋に終わりました。 男性はシンガポールへ渡り記者の仕事を続けます。その後「誰にも言えない秘密は木に穴を掘ってそこへ囁き、土で埋めろ」という言い伝えに従い、カンボジアのアンコールワットへ行きました。詳細は以下をご参照ください(花様年華:濃厚なエロスが嗅覚に忍び寄る)。. ピン:スー・ピンラン 12. cc1966:チャン・チェン 8.

ワン・ジンウェン/WJW1967:フェイ・ウォン(本田貴子) 4. しばしば二つの映画は前編・後編と考えられてきました。たとえば地畑寧子は次のように述べています。 出典地畑寧子「2046」『フールズメイト12月号増刊 ファイ』第12号、年、14頁。 ウォン監督は「2046」の製作について次のように述べています。 出典インフォシークムービー > 記者会見・インタビュー > 『トニー・レオン、ウォン・カーウァイ』インタビュー(リンク切れ) 「2046」が「花様年華」の続編とは考えていません。 地寧の指摘する「秘め事を穴に封じ込めるシーン」は「花様年華」ではトニー・レオンがやったことで、「2046」ではフェイ・ウォンがやっているので連続性はありません。 「花様年華」が恋を深めていく物語だとすれば、「2046」は恋を終えた物語です。 出典インフォシークムービー > 記者会見・インタビュー > 『トニー・レオン、ウォン・カーウァイ』インタビュー(リンク切れ) この映画は中国への香港返還後の50年間についての展望が塗りこめられています。返還前の香港と返還後の香港. 公開: 年9月29日 年10月23日. 「」の映画情報. See full list on wpedia.

See full list on wong-karwai.



Phone:(797) 652-1988 x 1861

Email: info@leax.jelika.ru